×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

araya(アラヤ)の自転車リムを使ったマウンテンバイク

araya(新家工業株式会社)は、自転車用リムなどを中心に製造する会社です。
araya(アラヤ)は1990年代、日本で初めてのマウンテンバイクを自転車業界に投入しました。
マウンテンバイクのブームに乗り高評価を受け、マディフォックスやランドリーといった人気商品も産み出しましたが、ブームが去り自社のマウンテンバイクなど自転車の製造からは撤退しました。
しかし、arayaはマウンテンバイクをはじめとする自転車用リム(車輪の外側の丸い部分)の製造では現在も最大手です。
特に競輪で使用する自転車にはJKAの認定が必要ですので、ほぼaraya社の製品が使われています。
現在arayaはイギリス、ラレー社とのコラボ商品としてマウンテンバイクなど自転車を販売しています。
arayaとのコラボ商品であるマウンテンバイクは、ラレージャパンのみでの販売となり日本でしか買うことができません。
arayaのランドナーなどは日本の道でのライディング用に、日本独自の目線で長い時間をかけて開発された製品でした。
現在のラレージャパンの製品もその流れをしっかり受け継いで生産されています。

スポンサード リンク

マウンテンバイクのリムメーカー最大手のaraya

araya(アラヤ)はマウンテンバイクや競輪、BMX(速さでなく技を競う競技)向けなどに、さまざまな専門的な自転車リムの製造をしているメーカーです。
以前はarayaの自社メーカー製品のマウンテンバイクの製造もしていましたが、現在はリム製造の日本最大手メーカーとして知られています。
自転車といっても、その競技などによって構造が変わってきます。マウンテンバイクは一般の道路はもちろん、山道などの悪路でもどこでも走れるような頑丈なつくりになっています。
arayaのマウンテンバイクも、でこぼこ道にも耐える太いタイヤ、手元での何段階にも変わる変速ギアなどの機能を備え、快適なバイクライディングができました。
arayaは品質にこだわる製品作りでも評価が高く、現在でも乗り続けているファンもいます。しかし現在はarayaが力を入れたマウンテンバイクよりも、細いフレームのスマートなタイプであるロードバイクのほうが人気があるようです。
どこでも走れるマウンテンバイクよりもオンロード(舗装された道路)、街中で走るためのおしゃれさなどが求められているようです。
アラヤの自転車の人気モデルには「マディフォックスMF26RXB」「RM20」「MTF26CRM-G」「MF26EXP-G」などなど、多くのモデルがあります。
通販でも人気で多くの通販サイトで取り扱われていますので、調べて見てください。

arayaのマウンテンバイク・マディフォックス

araya(アラヤ)はマウンテンバイクを日本で初めて製造販売し、「マディフォックス」といった人気商品を生み出しました。
1982年に発売されたarayaのマウンテンバイク、マディフォックスシリーズは現在でも根強い人気があり、長年乗り続けているファンもいます。
マウンテンバイクは部品を交換するなど自分の好みに合わせてオリジナルに替えるのも楽しみの一つのようです。
最近の自転車ブームで、長年使っていなかったarayaのマウンテンバイクなどをレストア(元の状態に戻すこと)して新たに乗る人も増えているようです。
arayaのウェブサイトで歴代マディフォックスのカタログを見ることができることからも変わらない人気が伺えます。
しかし現在はラレージャパンでの販売のみで、araya自社でのマウンテンバイクの製造はしていません。
現在のarayaはクオリティの高い自転車リムの開発に力を入れています。人気の自転車もマウンテンバイクから、通勤やサイクリングを楽しむタイプへと変わっていっています。
芸能界にもウエンツ瑛士や鶴見辰吾など自転車ファンが多くいて、自転車ブームは続きそうです。

Copyright © 2008 araya(アラヤ)のマウンテンバイク 特集♪